暗号通貨で世界初の基軸通貨・『アロハコイン』。

世の中には暗号通貨と呼ばれるものが二千種類以上出回っていると言われます。
そのどれとも決定的に違う暗号通貨が『アロハコイン』。
世界平和への貢献を発信する独立主権国家・プウホヌア・オ・ワイマナロ・ビレッジ(通称ランド・オブ・アロハ)が発行主体。
アメリカ合衆国が通貨発行権を認め、この国家の基軸通貨として発行される世界初の暗号通貨です。

アロハコインはハワイの復興に使われます。


ALOHA COIN
(単位BKI)の収益で、まずバンク・オブ・アロハの設立を致します。通常銀行業務に加え、ネイティブハワイアン向けのマイクロファイナンス事業を発足させ、ランド・オブ・アロハの整備開発事業に投資し、ネイティブハワイアンの自立促進事業を支援促進します。
復興の内容は以下の内容です。

  1. ワイマナロ・ウォーターのボトリング工場
  2. エコロジー事業/画期的廃棄物処理電炉の設置(特許所有)
  3. 健康ヘルス・エステクリニック事業
  4. 観光事業
  5. オーガニック農業の振興と豊産物の特産品開発
  6. ネイティブハワイアンの文化産業
  7. 物販・通販事業
  8. ALOHA COINの普及・取扱店の開拓営業
  9. 上記一切の営業促進・広告営業・マーケティング事業
  10. ネイティブハワイアンのコンサルティング業

アロハコインの大きな特徴。

アロハコインの最大の特徴は決済スピード。
ビットコインの承認時間が約10分であるのと比べ、アロハコインは約2.5分
約4倍速く、決済が完了できます。

 
承認時間 約2.5分 約10分
採掘期間 100年 100年
総発掘枚数 38,888,369枚 2,100万枚
ハッシュアルゴリズム X13 SHA-256

アロハコインを世界に向け、高らかに宣言!


『一度は失われかけたネイティブハワイアンの国の復興のため』という使命を持って誕生するこのアロハコインは、国家元首バンピー・カナヘレの復興と世界平和への強い思いから誕生しました。

2016年8月21日にはイオラニ宮殿前で国家元首・バンピー・カナヘレがハワイ国復興とアロハコインを基軸通貨にすることを全世界へ向け、高らかに宣言しました。

今後、アロハコインが愛される根拠があります。

今後アロハコインが愛され、世界へ伸びていく大きな根拠として以下が挙げられます。

@人気のハワイでの発行通貨だということ。
Aハワイ主権国行政命令95-004(Exective Order 95-004)により世界の歴史上初めて「国の基軸通貨」と
 認定される信頼性。
Bホームベースがはっきりし、後見人がハワイ国家元首バンピー・カナヘレであるということ。
Cハワイ復興のためという使命を持って誕生したこと。
D使うことでハワイの経済発展に寄与し、ネイティブハワイアンの自立促進支援に繋がること。
E使える店が多く、今後もどんどん拡大すること。 ※現在ハワイ・日本で約500店舗
Fアロハコインの成功が今後、他の小さな国々の貧困を救う経済モデルになること。

ハワイ発・アロハコインは世界平和に繋がる大きな一歩。


アロハコインは今後ランド・オブ・アロハの整備開発事業、ネイティブハワイアンの自立促進支援事業などに使用されます。
ハワイ復興のための起爆剤としての価値が期待されているのです。

バンピー・カナヘレは暗号通貨『アロハコイン』がハワイ国のみに終わることなく、今後、このシステムを他の小国の経済発展のためにもノウハウとして伝えたいと考えます。
貧困がなくなれば、争いがなくなり平和がやってくるからです。

世界平和を実現するためにあなたもぜひ、アロハコインを使ってください。